暇さえあればWeb小説よんでるアラサーのblog

Webで公開されている小説の感想ブログです。 暇さえあればパソコンやスマホでWeb小説を読んでいますので、その中から面白いと感じた作品を紹介がてら感想を掲載しています。

2016年09月

Webで公開されている小説の感想ブログです。
暇さえあればパソコンやスマホでWeb小説を読んでいますので、その中から面白いと感じた作品を紹介がてら感想を掲載しています。

注意:掲載されている内容は主観が入っていますので御了承ください。
     掲載内容が誤っている可能性もありますので、お気を付けください。

Knight's & Magic

どうも、暇サーこと暇さえあればWeb小説よんでるアラサーです。

男のロマンロボット。あなたのロボットの原点はなんですか?
「Knight's & Magic」の感想です。

題名:Knight's & Magic
作者:天酒之瓢
掲載サイト:小説家になろう
キーワード:異世界転生、ロボット、魔法

#1 別れと出会い⇒#107 歓迎されてみよう
一言

ロボ、かっくいい(´・ω・`)

感想
皆さんはロボットと聞いて、思い浮かべることはなんでしょうか?
産業用ロボット、おもちゃのロボット(犬や人形)など色々とありますが、オタクならアニメに出てくるロボットが一番ですよね!?

暇サーもロボットは好きですが、そんな暇サーのロボット原点は「魔神英雄伝ワタル」です。

アラサーの暇サーですら、幼い頃に見たのは再放送だった(と思う)ので、若者は知らないでしょうが(続編の2や超魔神なら見たことあるかな?)、コメディ系のロボットアニメでした。

出てくるロボットはシュールなカワイイ系ですが、当時はカッコいいと夢中になったものです。



さて、最近はカッコいいロボットアニメはもちろんのこと、ロボットを題材にした小説もよく見受けられます。

今回、ご紹介する作品もそんなロボット系小説です。

主人公はロボット大好きアラサー独身プログラマー。
車に轢かれて異世界へ。

その世界では幻晶騎士(シルエットナイト)と呼ばれるロボットが存在するのですが、ロボットオタクの前にそんなもん見せたら大変なことになるのは目に見えてます。

転生した主人公こと可愛らしい少年は、案の定、大 暴 走 します。

将来、ロボに乗る騎士となるために、わずか3歳で異世界のお約束である魔法の練習を始め、前世のプログラミング知識を活かして上級魔法の構成を最適化して身に付ける。

学園に通う頃には、早く幻晶騎士に乗りたいがために飛び級を考えるも、子供が乗ることを想定していないので身長制限で引っかかる。

身長制限で絶望しそうになるも、とある考えで主人公の暴走はさらに加速します。


小っちゃくて乗れないなら、乗れる機体を造ればいいじゃない。


手段を選ばず、情熱のままに突き進んだら、あら不思議。
自分用の機体だけじゃなく、何故か王国の騎士団長に任命されてしまいました。

いや~、主人公は暴走しすぎですね(笑)

そんなロボ大好き暴走系主人公が大活躍する、こちらの作品ですが、書籍化しております。コミカライズもしており、つい最近コミック第1巻が販売されました。

さ~ら~に、アニメ化もするってんだから、もう大変。

絶対に見なきゃ(∩´∀`)∩

人気のある作品ですので、是非読んでみて下さい。

以上、「Knight's & Magic」の感想でした。

シーユーアゲイン

ココカラも跳べるよ⇒Knight's & Magic

ランキングに参加しています。
良ければクリックお願いします↓

Web小説 ブログランキングへ

広告

ナイツ&マジック 文庫 1-6巻セット (ヒーロー文庫)



ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫)



ナイツ&マジック 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)


異世界駅舎の喫茶店

どうも、暇サーこと暇さえあればWeb小説よんでるアラサーです。

夜中のラーメン、ポテチ、肉、甘いモノはジャスティス!!
だって、美味しいんだもん「異世界駅舎の喫茶店」の感想です。

題名:異世界駅舎の喫茶店
作者:Swind
掲載サイト:小説家になろう
キーワード:異世界転移、駅、喫茶店、飯テロ

プロローグ ~ 迷い込んだ二人と新しい喫茶店⇒Special Blend ~ ごしゅじんとはじめての朝ごはん(3/3パート)
一言

飯テロぇ(´Д`)

感想
季節は秋。まだまだ暑いですが、本当クソみたいに暑いですが秋です。

暦では1ヶ月前に立秋ですし、気象庁では9月~11月を秋と公式に定めているそうなので(Wikipedia「季節」のページ参照)、秋ったら秋です。


さて、秋と言えば「○○の秋」なんて言いますよね。
皆さんは何の秋ですか?

食欲の秋? 食欲の秋? それとも食欲の秋?
そうだね、食欲の秋だね。

実は暇サーは食事系の小説や漫画が大好きです。読んでいて「ああ、旨そ~(´・ω・`)ジュルリ」と味を想像するのが好きなのです。


なので、食事系の作品はけっこう読むのですが、それらの作品の中で、つい先日、2016年9月10日(土)にめでたく書籍化した作品がこちらの「異世界駅舎の喫茶店」です。

コミカライズもされるとのことで、二度めでたい( *´艸`)ワー、パチパチ


内容は、異世界転移した主人公と奥様⇒とある駅で喫茶店をやることに⇒ちょー繁盛してる、という感じ。

詳細は是非とも作品を読んで理解していただきたい。



ただ、これだけだと作品の良さが伝わらないので暇サーの一押しポイントを紹介します。

・調理工程もしっかりと描写されているので、肝心の料理の描写がより美味しそうに見える(´・ω・`)ジュルリ

・異世界の技術レベルを考慮に入れた料理手法(コンロや冷蔵技術など)を工夫して描いており、本格的(´・ω・`)ジュルリ

・料理だけでなく、登場人物の甘い恋愛模様などドラマがある(´Д`)リア充爆発しろ

・更新時間がたいてい夜中なのでお腹が空いて仕方ない⊂⌒~⊃。Д。)⊃ヤーメーローヨー太る


最後のが一番のポイントですね。
本当に飯テロです。太ったら、どうしてくれよう。
ちなみに、作者様はTwitterをされていますが、夜中に頻繁にヒドイ飯テロをされています。

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ヤーメーローヨー丸くなるだろ~。

本当に小説も、Twitter画像も美味しそうで困ります(汗)
皆さんも是非ともこちらの作品を読んで、夜中にカロリーを摂取しましょう。

以上、「異世界駅舎の喫茶店」の感想でした。


シーユーアゲイン

ココカラも跳べるよ⇒異世界駅舎の喫茶店

ランキングに参加しています。
良ければクリックお願いします↓

Web小説 ブログランキングへ

広告

異世界駅舎の喫茶店


僕は、30歳、独身、無職のお父さん

どうも、暇サーこと暇さえあればWeb小説よんでるアラサーです。

血の繋がりがなくとも家族愛を育むことはできる。「僕は、30歳、独身、無職のお父さん」の感想です。

題名:僕は、30歳、独身、無職のお父さん
作者:熱燗にごり酒
掲載サイト:小説家になろう
キーワード:遺伝子、子育て、ハードボイルド

[1-01]僕は元気です⇒[2-Last]おかえりなさい
一言

子育ては大変

感想
「子育て」って大変ですよね。

---と、まあ。ここまでは前回の記事と同じです(笑)


今回は、少し・・・だいぶハードボイルド入りますが、前回同様に子育て系の作品です。

基本的にコメディーが好きですが、わりと恋愛や家族愛など心にキュンっとくる話も好きです。
なぜなら暇サーは一人暮らしの虚しい生活を過ごしているので、愛に餓えているからです(笑)。


さて、小説の内容ですが、まず、最初にこの作品を見つけたときの暇サーの第一印象は「おおっと、タイトルがひでえ(汗) マダオ(まるでダメなオッサン)の話かな?」と思いました。

主人公は三十歳、独身の男性。
クリスマス・イブの前日、イブイブに失業した無職である。


無職こと、布津野忠人(ふつのただひと)はクリスマス・イブの昼間から公園のブランコを漕いでいた。

彼が失業した理由、それは遺伝子最適化されていない『未調整』だから。

子供への遺伝子最適化が合法化され、三十五年が経過した日本では、頭脳明晰、容姿端麗、スポーツ万能・・・産まれたときから神童となることが当たり前。

数多くの批判が挙げられた初年度でさえ、施術率が八割を超え、数年後にはほぼ十割となった遺伝子最適化。

しかし、彼は『未調整』
三十五年前に合法化され、数年後(三十年前)にはほぼ十割の施術率を誇ったであろう遺伝子最適化を受けなかった珍しい存在。


優れた存在の中で、唯一劣った存在。周囲と比べると「異常」な、でも本来なら普通の人間。

そんな彼の平日ブランコ中に現れた品種改良素体と呼ばれる見目麗しい少年少女の二人。

「申し訳ありませんが、僕たちを助けてくれませんか?」

その言葉が、30歳で、独身で、無職で、情けない彼の人生を変えるのであった。



あらすじはこんなところですかね。
主人公の『未調整』であるが故の苦悩や憎しみ。しかし、それでも遺伝子最適化の最骨頂ともいえる二人を助ける優しさ。
「合気道はやってるけど趣味程度」と言いながらも、二人を助けるために銃を持った相手に立ち向かう勇気。

全然、マダオじゃなかったΣ(゚Д゚)

最終的には、養子縁組で二人のお父さんになってくれと頼まれるほどに懐かれますが、無理もないですね。ちょーカッコいいです。

こちらの作品、暇サーの語彙力では上手く表現できませんが、う~ん、なんというか・・・文章が綺麗です。

難しい言葉を使っていて知的とか、どこか詩のような言い回しで素敵とか、そんな分かりやすい感じではなく、こう、文章が澱みなく流れているような印象を受けると言えばいいのか・・・。

まあ、読みやすいということです(´・ω・`)

登場人物のキャラも立っていて、心理描写も良く描かれていて読み応え十分です。是非、読んでみて下さい。

以上、「僕は、30歳、独身、無職のお父さん」の感想でした。


シーユーアゲイン

ココカラも跳べるよ⇒僕は、30歳、独身、無職のお父さん

ランキングに参加しています。
良ければクリックお願いします↓

Web小説 ブログランキングへ

広告

遺伝子コンプレックス (プライムノベルス)


ランキングに参加しています↓
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

広告





ラノベ(楽天)





コミック・ラノベ(Amazon)